大阪・神戸・京都でファッション、アパレル業界に特化した販売求人、転職、派遣をサポート

INTER BEAU INC.

電話
  • お問い合わせ
  • メールマガジン登録
電話
  • お問い合わせ
  • メールマガジン登録

転職Q&A・コラム

荒木経惟の個展「淫秋」が原宿で開催。“般若心經”を書でしたためた最新作を初展観

2016/09/18

610_183380写真家の荒木経惟による個展「淫秋―般若心經惟」が、9月9日から11月11日まで東京・原宿のアートスペースAMで開催される。

これまで、永井荷風や種田山頭火らの作品や、「往生要集」や「万葉集」などの古典に感応し、自らの心境を重ね合わせた数々の傑作を生み出してきた荒木経惟。同展では、和紙にプリントされた写真に、書で「般若心經」をしたためた新作を初展観する。

「般若心經」では、この世のものすべてが“無”であり、心理は“空”にあると説かれており、今回の新作は、亡き妻・陽子を想いながら空と花を撮り続けた荒木の心情を想起させるとともに、たゆまず新境地を追い求める創作への強い渇望も感じさせる。

また、同展ではふたつのインスタントフィルム作品をカットしてダイレクトに接ぎ合わせた最新作も公開。過去に発表されたコラージュ作品シリーズの「結界」や「半夏性」に続く、荒木の緻密な手作業から生まれた貴重な作品群となっている。

【イベント情報】
荒木経惟「淫秋―般若心經惟」
会場:アートスペースAM
住所:渋谷区神宮前6-33-14 301・302
会期:9月9日~11月11日
時間:13:00~19:00
休館日:月・火曜日

ガブリエル・シャネルの人生を辿る「CULTURE CHANEL」展、第7章は“読む女”をテーマに紐解く

2016/09/15

610_171064シャネル(CHANEL)が9月17日から17年1月8日まで、ヴェネツィア市内のカ ペーザロ国際現代美術館で展覧会「CULTURE CHANEL, The Woman who reads 読む女」を開催する。

「CULTURE CHANEL」は、シャネルが07年にスタートした展覧会プロジェクトで、フランスのキュレーターであるジャン=ルイ フロマンが、シャネルというブランドの歴史とガブリエル・シャネルの人生を毎回異なるテーマで辿る。これまでに、モスクワのプーシキン美術館、上海当代芸術館、北京の中国博物館、広州オペラハウス、パリのパレ ド トーキョー、韓国の東大門デザインプラザで開催されてきた。

第7回目となる同展では、“彼女と書物との関係、そして読むことについて”をテーマに、ガブリエル・シャネルのクリエイティブな世界を喚起。オバジーヌの孤児院での孤独な少女期から晩年まで、ガブリエル・シャネルは様々な書物とその作者たちによって導かれ、空想力を育み、見えないものに対して神秘的な探究を行い、独自の世界観が形成された。彼女が手にした書物は、ホメロス、プラトン、ウェルギリウス、ソポクレス、ルクレティウス、ダンテ、モンテーニュ、セルバンテス、セヴィニエ 公爵夫人、ステファヌ マラルメなど古典から現代まで多岐にわたる。

会場では、視覚的な一致や相似を提示しながら現代の視点で書物や書くことを取り上げ、ガブリエル・シャネルの創作コンセプトに呼応する詩の世界についてスポットを当てる。数々の献辞や歴史的文書、写真、図版がファッションアイテムとともに展示され、ガブリエル・シャネルの美意識、古典主義とバロック趣味、ロシアやヴェネチアの輝きへの愛着をライブラリーのように紐解いていく。また、パリのアパルトマンにある美術品をはじめ、ジュエリーや香水など初公開となる展示品も並ぶ。

【イベント情報】
「CULTURE CHANEL, The Woman who reads 読む女」
会場:カ ペーザロ国際現代美術館
住所:Santa Croce 2076, 30135 Venice, Italy
会期:9月17日~17年1月8日

FASHION CROSSROAD 2016.9.13 配信記事まとめ

2016/09/14
 

610_182908注目記事をピックアップ!見逃した記事はありませんか?

◆アリス アンド オリビアが16年フォールコレクションフェア。NYのプレイグラウンドカルチャーに着想

◆アレキサンダー ワン17SSコレクション

◆トリーバーチの17SSコレクション

◆アクネが3つのストーリーで構成される16AW広告キャンペーン公開!第1弾はNYの街から発信

◆ヴェルサーチがバッグ「パラッツォ エンパイア」の7都市限定モデルを発売

デヴィッド・リンチ×西陣織の細尾によるコラボ展が表参道GYREで開催。日本の伝統と最先端のクリエイティビティが融合

2016/09/14

610_1833091688年創業の西陣織の老舗細尾と、カルト的人気誇る映画監督デヴィット・リンチのコラボレーション展「DAVID LYNCH meets HOSOO」が、10月7日から11月13日まで東京・表参道のEYE OF GYREにて開催される。

世界で一番複雑な構造をもつテキスタイルとされる西陣織の中でも、非常に多層的なレイヤーを織りなし、今なお進化を続ける細尾の西陣織。ヴェネツィア国際映画祭で栄誉金獅子賞を受賞するなど、映画監督として国際的な評価受ける他、画家としても活躍するデヴィット・リンチ。この両者のコラボレーションによる同エキシビションでは、今なお進化を遂げる日本の伝統と最先端のクリエイティビティが融合し、人間の深層心理がテキスタイルで描き出される。

同プロジェクトは、螺旋模様を描いたデヴィット・リンチの絵画作品「SPIRAL」からインスピレーションを得て始動した。リンチは同作品に関して、「螺旋は上昇・下降を繰り返す円環である。この螺旋は、私にとって進化を表象する円環なのである」と語っている。リンチの絵画作品のイメージと世界観を、細尾が独自の西陣織の技術によって解析し、空間インスタレーションを構築することで、「重層的世界と多層的世界が融合したSPIRAL」へと立体的に進化させた。

【イベント情報】
「DAVID LYNCH meets HOSOO」
会場:EYE OF GYRE
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3階
会期:10月7日から11月13日
時間:11:00~20:00
入場無料

FASHION CROSSROAD 2016.9.7 配信記事まとめ

2016/09/08
 

610_181014注目記事をピックアップ!見逃した記事はありませんか?

◆サプールが見た日本“THE Sapuer FASHION Journey in JAPAN”–京都・祗園白川編

◆グッチ、GGロゴをカスタマイズした“グッチゴースト”。トラブル・アンドリューとのコラボコレクション

◆シャネルが19mmの新作ウォッチコレクションを発売!世界限定1本の貴重なモデルも

◆世界から様々な民族衣装が集結!パスザバトン表参道店で「Vintage Tribal Costumes ─民族の手仕事─」が開催